2018年05月09日

『死ぬほど読書』

明徳ホームのGWイベントにお越しくださった皆様、

誠にありがとうございました

たくさんの方に来場して頂き、感謝しております。


こんにちは。
宇多津モデルハウススタッフの渡里です


今朝も1時間早く起き、通勤途中にあるいつものマックへ行ってきました

2.jpg
いつもの100円のマックコーヒー



今日は、丹羽宇一郎さんの『死ぬほど読書』

を読みました。

1.jpg

強烈なタイトルに心惹かれてしまい読むことに



元・伊藤忠商事社長の筆者の読書論です。



読書で人間力が磨かれるということをビジネスマンとしての実体験を引き合いに出しながら説明してくれていて、すごく読みやすかったです


もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。



と書いてありました。

しかし、


ただ漠然と読むのではなくて、その本の筆者が言いたいことは何かを考えながら読むことで論理的思考力が身につく。


とも書いてありました。


なるほどです。その通りだと思いました。

読書をすると、明るい気分になるのはなぜでしょう。

ワクワクします。

ますます本が好きになりました


また朝活で読書がしたいです



posted by 明徳ホームスタッフ at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。