2018年04月08日

三木家住宅

こんにちは 営業第一課の土居です。

先日の休みの日に、朝5時起きで、友
人と徳島県美馬市木屋平村に行ってき
ました。四国一の清流である穴吹川が
実に透明感があり青くとても綺麗でし
た。

山をずっと登り、木屋平村まで行くと、
江戸時代初期に建てられた徳島で最も
古い民家で、重要文化財に指定されて
いる三木家住宅がありました。

三木家は、阿波忌部氏の直系で、上古
以来、大嘗祭(天皇即位の儀式)の折、
あさたえを調進していました。

この日は、空が青く冴えわたり、しだ
れ桜が見事に咲きほこっていました。
花びらのシャワーを浴びながら休日を
満喫しました。

あらたえの 忌部の今は 花ふぶき

来週の14,15日の土日に、鬼無町分譲
地において完成見学会を開催いたしま
す。皆様のご来場を心よりお待ちして
おります。
  • 20180409182153925.jpg


ラベル:完成見学会
posted by 明徳ホームスタッフ at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。